フォトイレブン

写真に関する事やPhotoshop関係、ミニカーについての記事を書いていこうと思ってます。仕事の関係上、不定期更新になると思いますが よろしくおねがいします。

写真素材のピクスタ 写真素材無料【写真AC】

ホットウィール BMW2002(ミニカー)

f:id:kyou33235:20210228081716j:plain


こんにちは、お疲れ様です。

 

今日は、ホットウィールから BMW 2002、  通称 ”マルニ” です。

実車の説明を Wikipedia より

 

BMW・02シリーズ 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
ナビゲーションに移動検索に移動

BMW・02シリーズは、ドイツ(当時は西ドイツ)の自動車メーカーBMW ビー・エム・ダブリュー1966年から1977年にかけて製造、販売していた小型2ドア・セダン(1960年代 - 1970年代当時。ただし21世紀の現代ではクーペとして分類される)で、日本では「マルニ」の通称で呼ばれることもある。最も生産台数の多かったのは2,000ccエンジンを搭載した2002であったが、最初にデビューしたのは1966年の1600-2で、後に1602と改称された。また、中間車種の1,800cc版、1802、1,600ccエンジンながらモデル末期に設計された廉価版の1502がある。

初期・前期型のデザインは、二灯式のヘッドランプとキドニーグリルを配したフロントマスク、丸型のテールランプによって柔和な印象を与える。1973年秋に登場した後期型は、キドニーグリル周りがブラックアウトされ、テールランプが角型となっている。

02シリーズはシングル・キャブレターツイン・キャブレターインジェクションターボとエンジンのバリエーションをグレードアップさせていったが、1975年には新しい5シリーズ(E12)と同じコンセプトで設計された3シリーズ(E21) へとバトンタッチされた。

 

製造販売が DATSUN 510 と似ているので2ショット写真の撮りました!写真最後の方にでできます。

DATSUN 510 の実車の説明も同じくWikipediaより引用しときます。 

 

ダットサン510

ウィキペディアから、無料の百科事典
 
 
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ
ダットサン510
510BluebirdSSS.jpg
ダットサンブルーバードSSS4ドア(510)
概要概要
メーカー 日産
とも呼ばれている ダットサン1300、1500、1600
ダットサンブルーバード
ユエルーンブルーバード706(セダン)
製造 1967年8月– 1973年
アセンブリ 追浜、日本
、オーストラリアのメルボルン[1]
テムズ、ニュージーランド
、台湾、[2]
Civacクエルナバカメキシコ
デザイナー 内野輝夫
ボディとシャーシ
ボディスタイル 2/4ドアセダン
2ドアクーペ
5ドアステーションワゴン
レイアウト FRレイアウト
パワートレイン
エンジン
寸法
ホイールベース 95.3インチ(2,420 mm)
長さ 163.2インチ(4,145 mm)(不動産)
163インチ(4,128 mm)(クーペ)
61.4インチ(1,560 mm)
高さ 56.5インチ(1,435 mm)(不動産)
56インチ(1,410 mm)(クーペ)
縁石重量 2,072.3ポンド(940 kg)(不動産)
2,127ポンド(965 kg)(クーペ)
年表
後継 ダットサン610
1973年から510モデル年については、日産バイオレットの記事の「A10シリーズ」を参照してください。

ダットサン510は、一連のだったダットサンブルーバード1973年に1968年から販売、及び、米国およびカナダ以外提供ダットサン1600

510のエンジニアリングが現代のヨーロッパのセダンに触発された、特に1966 BMW 1600から2 -組み込むSOHCのエンジンを、マクファーソンストラットフロントと独立し、懸濁液セミトレーリングアームバックします。[3] スタイリングは、ダットサンの社内デザイナー、内野輝夫によるものです。[要出典]

エンジンは、買収したプリンスが開発したデザインである米国日産の片山豊社長が推進した。[4]   

1967年10月に発売されたボディスタイルには、オリジナルの4ドアセダン、2ドアセダン(1968年6月)、5ドアステーションワゴン、2ドアクーペ(1968年11月)が含まれていました。

510シリーズは、日産の海外でのラリーの成功で有名になり、日産の国際的な販売拡大への道を開きました。

米国市場にリリースされた日産510は、日立ダウンドラフト1.6L Lシリーズ I4エンジンを搭載し、宣伝されている総出力は96 hp(72 kW)、最高速度は100 mph、フロントディスクブレーキ、4輪でした。独立懸架(マクファーソンストラット式フロントおよびセミトレーリングアームリアワゴンは、後部にしっかりとしたリアライブアクスルリーフスプリングを備えていた)、後輪駆動、および4速マニュアルまたは3速オートマチックトランスミッションのいずれか。2ドアセダン、4ドアセダン、4ドアステーションワゴンバリアントが利用可能でした。ファクトリートリム(米国)で20〜30mpgを達成しました。日本国内市場(JDM)モデルは、1.6Lまたは1.8L(1973)Lシリーズエンジンを搭載した2ドアクーペボディスタイルでも利用可能でした。510sは、一部の市場で、ジャガーMGで使用されている英国のSU(Skinner's Union)設計の小型バージョンであるツイン日立サイドドラフトキャブレターを提供していました。[要出典]   これらのエンジンはまた、より多くのパワーを生み出すために強化された圧縮とカムシャフトプロファイルを使用しました。SSSモデル(US 510では使用できません)は、アップグレードされた計装と内部トリム、および適切な外部バッジを提供しました。すべての米国モデル510は、1970年以降にアンチサングラスを受け取りました。

 

f:id:kyou33235:20210228081845j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081902j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081910j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081850j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081858j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081929j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081942j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081934j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081854j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081937j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081919j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081906j:image

 


f:id:kyou33235:20210228081925j:image

 

 

f:id:kyou33235:20210228082100j:image

 


f:id:kyou33235:20210228082052j:image

 


f:id:kyou33235:20210228082106j:image

 


f:id:kyou33235:20210228082057j:image

 

ミニカーで夢のコラボ?!?

 

最後まで見て頂きありがとうございました!